Home > 

メニュー

防犯グッズを利用しよう

一人暮らしでも防犯って大事なんだと、お分かり頂けたのではないでしょうか。
一人暮らし用の防犯グッズは、ホームセンターなどで売られています。
お手頃で、便利な防犯グッズも沢山ありますので、ご紹介していきましょう。

・持ち歩き防犯ブザー
・窓ガラス強化用防犯シート
・玄関用サムターン回し防止ケース
・フェイク防犯カメラ
・防犯ミラー
・窓ガラス破壊センサー
・護身用スプレー

など、様々なものが売られています!
使い方を良くみて、自分に合ったグッズを選びましょう。

泥棒の侵入経路は鍵なんです

泥棒が侵入する経路としては、玄関・窓・・・どちらにせよ、まず鍵を開けて入ってきます。

ですから、鍵の防犯というのはとても大切なんですよ。

方法としては、大きく分けて2種類あります。

一つは、玄関や窓の鍵を、不正に解錠して入ってくる方法です。

これは、サムターン回しやピッキング、カム送り、と言ったものが大変有名です。

ホームセンターなどへ行けば、サムターン回し防止ケースなど、これらに伴った防犯グッズが売られています。

又、玄関の鍵を、ツーロックにしたり、補助鍵を付けるのも効果的です。

泥棒は、解錠に時間がかかるのを嫌がりますから。侵入を諦めさせるのが手です。

又、もう一つは、合い鍵を作って侵入するというものです。

あなたは出掛ける時、玄関の植木鉢や郵便受けに合い鍵を入れたりしていませんか?

空き巣はこういった所を見逃しません。

合い鍵を作り堂々と家に侵入してきたりします。

こういったところで気を抜かず、しっかり防犯対策したいものですよね!

泥棒は下見にくる

殆どの泥棒は、侵入しようとする家の下見に来るんです。

それもそうですよね、成功できる家に入らないと意味はないのですから。

では、下見に来て、どういったところをチェックするのでしょうか?

まずは、

◆侵入経路について

・家の周りの人通りはどうか
・入りやすさと逃げやすさはどうか
・家の見通しはどうか

◆住人について

・何時くらいに外出し帰宅するか
・どんな住人が住んでいるか
・何人住んでいるのか
・何時くらいまで起きているのか

◆防犯対策について

・どんな防犯グッズを使っているのか
・防犯意識はどうなのか

◆留守を見抜く

・インターホンを鳴らす
・新聞受けを見て、新聞や郵便物が溜っているのをチェック
・昼間なのにカーテンや雨戸が閉めてないか
・電話をして留守かどうか確かめる

など、さまざまなチェックをします。

これで、侵入に時間がかかりそうだったり、防犯意識が強かったり、周りの人目があったりすれば、侵入の成功率は低くなりますから、泥棒も諦めてくれるはずです。

このようなことにも気を付け、普段から泥棒の入りにくい環境作りをしておくのも大切です。

女性を狙った犯罪

女性の一人暮らしは、何かにつけ、犯罪に巻き込まれやすいものです。

泥棒を始め、ストーカー、盗撮、盗聴、押し売り、詐欺、暴行・・・

様々な事件をテレビのニュースなどで耳にすると思います。

このようなことがないように、女性の一人暮らしの方は、細心の注意をしたほうがいいと思います。

まず、第一にすることと言えば、女性の一人暮らしであることを気付かせないのが一番です。

洗濯物の干し方や郵便物、郵便受けなどで一人暮らしとわからないように注意しておきましょう。

又、出歩くときも、防犯ブザーや防犯スプレーを持ち歩くこともお忘れなく!

夜道、人通りの寂しい道は、なるべく一人で歩かないように心がけましょう。

とにかく、自分は大丈夫と過信しないこと。

明日は我が身であると、心して防犯して下さいね!

セールスは断固断ろう!

特に、女性の一人暮らしの家には、セールスや勧誘ってかなりやってきますよね。

無理に進められるとなかなか断り辛いですし、本当に困りものです。

しかし、それでもセールスや勧誘は断固断らなくてはいけません。

新聞の勧誘などは、もう○○新聞を取ってますと言うのもいい断り方かもしれませんね!

実は、私も一人暮らしを始めたばかりのとき、布団の訪問販売で買ってしまったことがあります^^;
たかが布団で30万以上でした・・・。
ご丁寧に印鑑まで押しちゃったんですね^^;

しかし、幸運なことに大学時代法律の勉強もしていましたので、クーリングオフという制度に助けられました。
内容証明を売り手側に送るというものですけれど、気になる方は、ぜひ詳しく調べてみてくださいね^^

心当たりのない請求が来たらどうする?

ある日、携帯のメールで心当たりのない料金の請求が来ていました。

でも、全く知らないサイトでもないし、かといってお金のかかるコンテンツを利用したわけではない・・。

無視しよう・・と思うものの、裁判にしますとか訴えますとか書かれていると、やはり不安でびっくりしてしまいますよね。

しかし、心当たりや身に覚えのない請求については、とにかく無視が一番です。

しつこく請求が繰り返えされるようでしたら、消費者センターに相談して下さいね。

電話や葉書の場合もあるので、保存できるものは証拠として残しておきましょう。

又、こういった架空請求や脅迫まがいの連絡にお金を支払ってしまった場合は、警察に被害届を出すようにしましょう。

ストーカー被害を防ごう

女性の一人暮らしというのは、とかくストーカーなどの犯罪に巻き込まれやすいものです。

つきまとい、待ち伏せ・・こういった行為はストーカーになります。

平成12年にストーカー規制法という法律が成立しました。

これにより、警察もストーカー行為について取り締まることができるようになりましたので、少しでも不安を感じる方は、警察へ相談されることをお勧めします。

又、出歩くときは、ストーカー対策用のグッズを持ち歩くことも有効的です。

防犯ブザーやボイスレコーダーを持ち歩いたり、夜道や人通りの寂しい道を一人で歩かないなど、対策をして下さい。

あと、携帯電話などは手に持ちすぐに連絡の取れるようにしておくとよいでしょう。

地震の時どうする?

一人暮らしのとき、地震がきたらと考えると怖いですよね!

どこへ逃げるか避難経路をチェックしておきましょう。

まず、大きな揺れを感じたら、とにかく丈夫な机の下などに入り、身の安全を確保しましょう。

戸棚や窓などが割れ、足元にガラスが飛び散ることもありますので、家の中でも靴を履いておくようにすると良いでしょう。

そして、動けるようになったら、火の始末はしっかりして下さいね。

料理などをしている場合は、その場で火はきちんと止めておきましょう。

火事が起きて二次災害になると大変です。

その他、電気のブレーカーを落としたりお風呂の中に水をためたりして下さいね。

普段から防災に気を付け、防災袋などを用意しておくことも忘れないようにしましょう。

火災に注意!

一人暮らしですと、自炊をしたり毎日火を使いますよね!

お湯をかけるときは、タイマーを使うなど、火の始末はしっかりするように心がけてくださいね。

また、タバコを吸われる方は、寝タバコやくわえタバコなども火災の原因です。灰が落ちるのを気をつけましょう。

コンセント周りもホコリが溜りやすかったり、タコ足配線も火災の原因になったりします。

普段から掃除をすることも火災予防に繋がるんですよ。

そういったものの側に、火種になりそうな、マッチやライター灯油を置いておかないことも大切です。

火災が起こったら、火よりも煙の有毒ガスが怖いのです。

タオルなどで口を押さえ煙は吸い込まないように気をつけましょう。

引越し手続き(自動車編)

自動車をお持ちの方は、それに伴う手続きが出てきます。

いくつか手続きを行うことがありますので、チェックしておきましょう!

・運転免許証の住所変更を行う
運転免許試験場もしくは引越し先の警察署で行うようにしてください。

・自動車の登録変更をする
引越し先の陸運支局で行います。その際必要書類が要りますので、行く前に問い合わせておくと良いでしょう。

・車庫証明をとる
自動車の登録変更の際は、車庫証明が必要となります。
必要書類に記入が必要ですので、車検証を持って行くといいですよ。

バイクの場合は、ccによって届け出が、必要・不必要がでてきますので注意して下さい。

50~125cc:住所変更届け出が不必要

それ以上は届け出が必要になりますので注意して下さいね!

引越し先、実は治安が悪かった

“高校卒業後の大学進学がきまり、東京で一人暮らしをすることになりました。家賃や、交通の便などを考えてやっと決めた部屋に入居して、最初は良かったのですが、いざ住みはじめてみると色々と問題が出てきました。

まず、部屋の壁がとっても薄いということが分かりました。下見をしたのは昼間だったので、気がつかなかったのですが、夜になると帰宅してきたお隣さんの生活音が筒抜けになるんです。ということは、こちらの生活音も筒抜けということだし、なんだか気まずい感じですよね。

それから、バイト帰りなどに夜、駅からアパートまでの道を歩いていると、変な人に声をかけられることが多いということも分かりました。公園でたむろしている人たちもいて、なんだか嫌な雰囲気が漂っている感じです。これも、昼間の下見では全く分からなかったことで、下見のときは公園で遊ぶ子供もたくさんいて、ファミリーが多い土地なんだと思っていました。でも、実際はいわゆる「ヤンキー」みたいな人たちが集まっている土地柄だったようです。

結局、壁が薄いのはともかく、治安が悪いのは危険だなと思って、頑張ってバイトをして引越し費用をためて、1年でそこから引っ越しました。やっぱり地元の人間でないと、なかなか諸事情は把握できないので、下見をするときは昼と夜、両方したほうがいいなと勉強になりました。”

住所変更がしんどい!

引っ越しにまつわる作業のなかで私が一番しんどいと思うのは、「住所の変更」です! もうこれが本当に面倒くさいです。免許証から住民票、各種クレジットカードも届けなきゃまずいし、銀行もいくつかあるでしょ、ネットショッピング用に登録してある住所だって多数、加えて職場や友人知人、実家……って考えただけで引っ越しする気が萎えてきてしまうくらい、苦手です(笑)。一括でぜーんぶ代行でやってくれるみたいなサービスがあったら、きっと利用したいって人、多いんじゃないかなあ。このご時世、個人情報云々があるから無理かな? 私だったらちっとも構わないんだけど。10000円までなら出してもいいなって。そうそう、あと地味に忘れちゃうのが郵便局で受け取ってくる転居届! あれついつい後回しにしちゃうんですよね。引っ越す度に忘れちゃってて、数日してから思い出して届けるから、しばし郵便物を迷子にしちゃうんだなあ。だって何か、そんなことしなくても届いてくれる気がどうしてもしちゃうんですもん。

コルビジェの名作が欲しい

家具が好きで、比較的昔の優れたデザインの物に憧れますが、中でも最も欲しいと思っているのはコルビジェのLC2です。ソファですが、他には無い独特なデザインに惹かれます。1シーター、2シーター等サイズは選ぶことが出来ますが、共通しているのは座面や背面、側面のクッションが外側にあるパイプで囲まれているということです。それぞれ四角いクッションが四角のパイプの枠の中に収まっていて、見た目はどこから見ても四角のカッチリとしたデザインになっています。それでも座ってみるとクッションがほど良くやわらかく、体を包んでくれるような心地がします。座面、背面、側面共黒い革でカバーされていてとても高級感があり、それを置くと空間に落ち着きを感じます。

3段衣装ケース

“ 私は30代前半の男性です。

 私の好きな家具は、透明の3段衣装ケースです。

 これは、私が上京して1人暮らしをする時に買ったものです。

 特に特徴のない黒の3段衣装ケースですが、私はこの3段衣装ケースがとても気に入っています。

 まず、透明のプラスチック製だから、ちょっとした衝撃で壊れることもありません。

 上から入れる物が順番に決まっていて、1段目が靴下とハンカチ・2段目がパンツなどの下着・3段目がタオルなどの日用品です。

 透明で中に何が入っているのかわかるから、朝の忙しい時でもすぐに目的のものを取り出す事ができます。

 安くても、10年以上使えている商品で、こういう商品はこれからも末永く使い続けていきたいと思っています。”

サイドテーブル

ちょっと高級な家具店で買ったサイドテーブルがお気に入りです。寝室のベッドサイドに置いて、小説やメガネケース、ケータイを乗せています。以前から買いたいと目を付けていたもので、色はベージュで円板のテーブルに上品な曲線の脚が3本のびています。手ごろな大きさとかシンプルなデザインが自分好みでしたが、値段が17000円ぐらいしてちょっと手が出ないでいました。ましてサイドテーブルなんて必ず要るものでもないし、としばらく買わないで購買意欲が冷めるのを待とうと様子をみていましたが、その店に行く度にやっぱり欲しくなり、3か月ぐらいしてとうとう買ってしまいました。置いてみると一気に自分の寝室が素敵に変わったように思えて買って本当に良かったと思っています。

ページトップへ
Copyright (C) 静岡県浜松市でおすすめの引越し業者Navi All Rights Reserved.